About The School旭川少年ラグビースクールについて

FOUNDING創立

旭川少年ラグビースクールは昭和58年4月 故川田正則代議士がラグビーを通して自己犠牲の精神と規則を守り、人の痛みの分る人間に成長してもらうことを目標に設立しました。
事務局長に田巻紀雄現監督、医療責任者に柳内統医師が就任し、指導者には当時の北海道ラグビーフットボール協会旭川支部長木村達郎氏、副支部長の久井俊秋が就き、旭川ラガーの中江・前田・上西・若園氏ら当時のオール北海道代表メンバーや防大主将岡部氏らが指導者となり、幼児10名、小学生18名でスクールが発足いたしました。

当スクールの理念

ラグビーを通じ心身を鍛え、
心豊かな人間に成長させる。

PRACTICE練習

練習は毎週日曜日。

夏季、冬季と季節によって場所を変えながら1年通して練習を行っています。

夏季(9時30分から12時) 5月から10月は新橋右岸下流グランド(土砂降り以外は毎週練習)
冬季(9時30分から12時) 11月から4月は主に東旭川農業環境改善センター体育館

COACHコーチ

  • 育コは育成コーチ資格、新スは新スタートコーチ資格、C級はC級レフリー資格
校長 永田 理人(新ス・C級)
主務 若松 彰彦(新ス)、東前 久幸(新ス)
会計 松本 学也(医師)
コーチ陣
中学生

佐藤 弘道(新ス・C級)、星 敏幸(育コ・C級)、岡田正臣(新ス)

小学生高学年

田中 英仁(新ス)、吉川 伸之、山内 敦司

中学年

湯浅 誠、豊田 宏典(新ス)、小林 厚志

低学年・幼児

石田 哲平、岡田 幸志、星 健司、佐藤 孝二、加藤 敦

医師 辻 宗啓(整形外科医)、松本 学也(内科医)、山内 敦司(内科医)

OYAJI-ZUおやじーず

お父さんたちのラグビーチーム「おやじーず」

スクールのコーチまたはスクール生のお父さん方を中心に結成したラグビーチームです。
平成27年4月10日現在登録20名 帯広市民ラグビー大会出場、10月頃に市内高校生と試合をしています。